エステというキーワードがあるだけで怪訝してしてしまう方は多いのではないでしょうか?料金が高いやら、営業や勧誘がしつこいので避けているかたが多いと思いますが、サロンでのフェイシャルエステはイメージと違うことも多いのです。

女性ならいつまでもきれいでいたいと思い、スキンケアに力を入れたり、パックをしたりしていて、全くお手入れしていないかたはほとんどいないでしょう。しかし、自宅でできるケアにはやはり限界があります。

セルフケアの危険性と効果

セルフケアは手軽で値段もお手頃ですが、肌トラブルの恐れもあります。しかし、サロンに行くと、体調から病歴、アレルギーなど細かくカウンセリングしてくれます。なので、個人によってプランも違いますし、自分に合ったお手入れをしてもらえます。

毛穴パックを自宅でしても、きれいになるのはその場限りではありませんか?どこに汚れがあるかカメラで見ているわけでもありませんし、専門家でないですから取れているのは毛穴の汚れなのか角質なのかわかりません。

フェイシャルエステを受けるメリット

効果が高くおすすめのフェイシャルエステでは、クレンジングから始まり、洗顔、洗浄、さらにはマッサージとパックまでしてくれます。この流れによって、毛穴の汚れを取りやすくしたり、アフターケアをしてくれるのです。

自宅でやるセルフケアでは、きちんと手順をふんでやるかたは少ないと思います。エステは特別な場所に感じますが、そうではありません。きれいになりたいという悩みを改善するだけの場所ではないのです。

アンチエイジング効果も期待されるシーズラボのほうれい線解消法とは?

シーズラボでは、医師が監修し開発された最新のマシンプロリフトRFで肌に負担のないたるみを引き上げ、ほうれい線を解消しています。シーズラボのプロリフトRFは、多くのマシンの4~8倍の周波数を誇り、高いリフトアップ効果を持っています。

加齢により緩んだ肌のコラーゲン繊維を修復することから張りを取り戻しますので、即効性も高く、持続性にも優れています。放射状に熱を放射する従来型と違い、面で均一にムラなく熱を伝える安定性にも優れた性能を持っています。

シーズラボのプロリフトRFの効果としては、顔全体のリフトアップ効果、小じわ・目じり・ほうれい線のしわ改善、ニキビの改善、目の下のたるみ改善などが上げられます。

20を過ぎるころになると、肌には加齢の影響が出始め、コラーゲンやエラスチンなどの細胞が衰え、張りやつやを失い、しわやたるみが見られるようになります。紫外線や乾燥、食生活の乱れは拍車をかけ、カサカサのくすんだ肌になってしまいます。

シーズラボの施術の流れと効果

シーズラボの施術の流れは、3種類のフルーツ酸配合成分とダブルビタミンで、毛穴の汚れや余分な角質、くすみを取り除きます。つぎに、プロリフトRFを首から顔全体にリンパの流れに沿って照射します。痛みはなく、肌の内側にまでとどく柔らかな温かさが、リラックスさせてくれます。

最後に、シーズラボオリジナル引き締めパックをします。ビタミンCや蜂蜜、ペパーミントが配合され、美白と保湿効果のほかに、温められて緩んだ肌を冷却し、引き締める効果もあります。

これで、ほうれい線や他のお肌の悩みも改善されます。施術の目安としては、1クール12回で、1~2週間に1回のペースがおすすめのようですが、肌の状態により異なりますので、無料カウンセリングで相談するといいでしょう。